名古屋市中村区の乳がん検診・乳腺外来/甲状腺外来・禁煙外来|太田なごやかクリニック

クリニックこぼれ話

太田なごやかクリニック TOP > クリニックこぼれ話 > 食品による窒息事故について

歯学博士の「歯」と「身体」のお話

食品による窒息事故について

予防方法について

まず第一ににはしっかり噛んで食べることです。
これが、今すぐにできる窒息予防です。コツは一度に口の中に入れる量を多くしないことです。

次に口の奥に押し込まないようにし、細かく噛みつぶし、唾液とよく混ぜることです。
ゆっくり噛むのです。ひと口の量は無理なく食べられる量にし、ひと口入れたら、いつもより5回多く、しっかり噛むことを意識してみてください。目標は、ひと口30回噛むことです。

歯のない方は、きちんと合った入れ歯を入れて、しっかり噛みましょう。
良く噛んで食べることは、肥満の予防・解消にもなります。

これらに気をつけるようにしましょう。

応急処置について

気道にモノがつまってしまったら、一つの方法だけにとらわれずに、いくつかの方法を組み合わせて行ってみることが大切です。

例えば固形物や固形物に近いものの場合は、次の2つの方法があります。

1.できるだけ頭を低くして、腰をかがめます。胸を一方の手で支え、他方の手で左右の肩甲骨の間を続けて叩きます。

2.後ろから抱くような形で、みぞおちの辺りで腕を組み合わせ、ぎゅっと瞬間的にチカラを込めて、強く引き絞ります。

そして、口の中の異物を取り除きます。

また、都合によっては、速やかに耳鼻科や外科の先生に連絡し、診療を受けることが重要です。


クリニックこぼれ話

院長太田の徒然草

患者さんアンケート結果

歯と身体のお話

季節の病気と予防


名古屋 看護師 求人 募集

文字の大きさを変更できます。


内科・消化器科・乳腺科・外科・肛門科・リハビリテーション科

医療法人順英会 太田なごやかクリニック
TEL:052-413-8008
〒453-0834 愛知県名古屋市中村区豊国通二丁目21-1

乳がん検診・乳腺外来/甲状腺外来禁煙外来の太田なごやかクリニックには
名古屋市中村区・西区・北区・中川区・昭和区・中区・港区
東区・千種区・熱田区・海部郡・北名古屋市・清須市などから
ご来院いただいております。