名古屋市中村区の乳がん検診・乳腺外来/甲状腺外来・禁煙外来|太田なごやかクリニック

クリニックこぼれ話

太田なごやかクリニック TOP > クリニックこぼれ話 > 親知らずのお話

歯学博士の「歯」と「身体」のお話

歯数と第三大臼歯(親しらず、智歯)について

皆さん、自分の歯が何本あるかご存知ですか?

人間の歯数は原則として、小児においては計20本。成人においては28本又は32本です。

どうして成人と小児に歯数の違いがでるかといいますと、それは第三大臼歯が4本あり、生える人と生えない人があるからです。

成人の歯は前歯12本、小臼歯が8本、大臼歯が8本の計28本で構成されています。

ただし日本人の9割の人が第三大臼歯4本が生え、28本の人と32本生える人に分かれます。

第三大臼歯は日本では通称親しらずといわれております。
ドイツでは知恵のつく頃に生えるので智歯ともいわれております。

人間がやわらかいもの、又は調理されたものを食べる習慣により、顎がだんだん小さく狭くなり、最後に生える第三大臼歯(親知らず)の生える余地がなくなってしまいました。

よって第三大臼歯(親知らず)が生えてきたときに、前の歯を圧迫してしまったり、あごの骨の中に埋もれてしまったりします。

そうなったとき、その部分が不潔になり、虫歯になったり周囲炎を起こしたりします。

程度によっては治療保存しますが、ある程度進行したものは抜歯手術が適当な処置です。


クリニックこぼれ話

院長太田の徒然草

患者さんアンケート結果

歯と身体のお話

季節の病気と予防


名古屋 看護師 求人 募集

文字の大きさを変更できます。


内科・消化器科・乳腺科・外科・肛門科・リハビリテーション科

医療法人順英会 太田なごやかクリニック
TEL:052-413-8008
〒453-0834 愛知県名古屋市中村区豊国通二丁目21-1

乳がん検診・乳腺外来/甲状腺外来禁煙外来の太田なごやかクリニックには
名古屋市中村区・西区・北区・中川区・昭和区・中区・港区
東区・千種区・熱田区・海部郡・北名古屋市・清須市などから
ご来院いただいております。