名古屋市中村区の乳がん検診・乳腺外来/甲状腺外来・禁煙外来|太田なごやかクリニック

医院紹介

太田なごやかクリニック TOP > 医院紹介 > 検査・治療機器

院内の様子 - 検査・治療機器

エコー(超音波診断装置)

2010年7月から組織弾性イメージング機能を装備した最新鋭の日立超音波診断装置 HI VISION AVIUSを導入しました。

悪性・良性の腫瘍を判断するのに「硬さ」は一つの指標です。この超音波装置は、腫瘍が存在するかどうかと同時に、その硬さも調べることができるため、がん検診の質向上と患者さんの負担軽減が期待されています。

この検査は予約不要で行えますし、患者さんの負担も少ないので、とても好評です。

>> 詳しくは腫瘍の硬さ(良性悪性)を診断できる超音波装置をご覧ください。


自動グリコヘモグロビン測定機

当院では2010年5月中旬より、自動グリコヘモグロビン分析計を用いて院内検査を開始しています。

通常の採血や耳朶や指先穿刺による極微量の血液を用いて
約2分の迅速測定が可能となりました。

これにより、診察前にすぐ、現在のHbA1cが判明するので、患者さんにとても喜ばれています。

>> 詳しくは、自動グリコヘモグロビン測定機をご覧ください。


超音波骨密度測定装置 LUNAR A-1000 EXPRESS

骨粗しょう症の診断のため、2009年1月から従来のMD法(第二中手骨をX線撮影し、骨の陰影濃度から骨量を測定)から変更して 最新鋭の超音波骨密度測定装置 LUNAR A-1000 EXPRESSを導入しました。

写真は、超音波骨密度測定装置を上から撮影したものです。 真ん中の水色の部分に、足の裏をつけ、かかとが当たる部分で骨密度を測定します。

>> 詳しくは、超音波骨密度測定装置をご覧ください。


経鼻内視鏡

胃の中を検査する内視鏡(胃カメラ)です。従来のお口からではなく、鼻から管を入れる胃カメラです。そのため、管を通すときの「おえっ」となる感覚がなく、比較的楽に、痛みもなく検査を受けていただけます。

胃の内視鏡検査では、食道から十二指腸の上の方まで観察できます。 そのため食道・胃・十二指腸の病気を診断することができます。


半導体ソフトレーザー治療器

筋肉や関節の痛みを治療する機械です。通常の治療はもちろん、リハビリ患者さんにもリハビリ後に、医師が治療しています。


心電図測定器・血圧脈波測定器

左の機械は、心電図を調べるものです。右の機械は、両手両足の血圧と脈波を同時に測定することで、血管年齢や血管のつまり具合などの動脈硬化を調べることができます。


3種類のレントゲン

左から、バリウムを用いた胃透視や注腸検査のできる透視台、胸部のレントゲン、腰や足などのレントゲンです。内科・胃腸科・外科等に使えるレントゲンを揃えています。


医院紹介

スタッフ紹介

院内の様子


名古屋 看護師 求人 募集

文字の大きさを変更できます。


内科・消化器科・乳腺科・外科・肛門科・リハビリテーション科

医療法人順英会 太田なごやかクリニック
TEL:052-413-8008
〒453-0834 愛知県名古屋市中村区豊国通二丁目21-1

乳がん検診・乳腺外来/甲状腺外来禁煙外来の太田なごやかクリニックには
名古屋市中村区・西区・北区・中川区・昭和区・中区・港区
東区・千種区・熱田区・海部郡・北名古屋市・清須市などから
ご来院いただいております。